忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

半年ぶりですやん!

相変わらず月1~2ペースで芝居は見てまする。11月がやたら多くて狂言入れたら5本くらい。
札幌も行ったしな!

あとDVDようけ見た気がする。

芝居はベッジ・パードン、DVDはプロデューサーズが一番好きでした。よ。


結局警備員に落ち着きかかってしまっているので
どーしたもんかねと思いつつ(人生を)、すでに7月くらいまで芝居の予定が入っているっていう。見るほうの。
大阪にTHE BEEがくるというので非常に見たい。

でも今年の予定は貯金。ほんまかよ。


PR
 <2月>
・流れ姉妹たつことかつこ最終章~エンド・オブ・バイオレンス
→古田新太・池田成志両氏が出てるのと、一章を観たなあそう言えば、という動機。千葉雅子がやっぱりすごく好き。まさかの逆レイプ、いただきましたw

<3月>
・琉球ロマネスク テンペスト
→安田顕のためだけに観に行った新歌舞伎座。思ってた以上においしい役だった。
でも生瀬勝久が持ってった感はあるのと、山本さんはなぜ急に歌い出すのかという謎が最後まで解けずw
映像に頼り過ぎたきらいはある。

・劇団ZTON 天正のリア王
→震災の翌日だか翌々日だかで客も演者もずいぶんナーバスだったかと思うが、いやはやどうして面白かった。
ゴネリル・リーガンが悪人じゃなくて、コーデリアがダークな部分を担っているのがいい。コーデリア蘭丸の身体表現と、憔悴した信長の風情、あと重松女史の押さえるべきポイントをきちっと押さえた軽妙さが特によかった。

・ピースピット BOOK 第二章・第五章
→ステラさんがメインで出ている二章、赤星マサノリさん目当てで五章。
千年女優の時にも感じたことだけれど、質はさておいても脚本・演出の発想に華がある。あのラストだけで元が取れる。
ただ、役者群の実力差がわりかし顕著なのが気になるところ。大阪小劇場の役者見本市みたいだった。

<4月>
・芝浦ブラウザー
→なんのことはない、進化版「Windows」だった。ただ、あのかわゆさは上田誠にしか出せないんだろうなあ。
舞台装置が出色。

<5月>
・wat mayhem 桃天紅
→なーんも残らんすっばらしい芝居。楽だったので小道具の酒類は全部ガチのアルコール。リリパイズムである。
カーテンコールでの開口一番「どうもすみませんでした」がすべてですな。爆笑。やりたい放題。

・千年女優凱旋公演
→いちばん最後の走り出す演出に120点。

・TEAM NACS 5D LOOSER~失い続けてしまうアルバム~
→ナックスの中で一番思い入れのある作品、キャスト・設定一新にて再演。
そうくるか!と。39歳の森崎博之の、ストレートな言葉にぐっときた。*punish*の面々はめっけものかもしれん。

・関西芸術座 たとえば野に咲く花のように
→役者に全く隙がない。派手なことは何一つやっていないけど、セリフがきちんと入ってくる。何十年も演劇に向き合ってきた真摯さが、エンタテイメントだけが演劇ではないことを思い出させてくれる。

<6月>
・TEAM NACS 5D totsugi式
→コントライブ。良くも悪くも役者の無駄遣いw映像がうるさい。というか、うっとおしいww
ギリギリ元取れるか取れないかのライン。

<7月>
・三谷幸喜 ベッジ・パードン
→上半期暫定トップ。三谷作品は絶対登場人物が少ない方が魅力的。一幕終わりの夏目のセリフがすごくよかった。
役者・大泉洋はもしかしたらすごいんじゃないの、という予感が確信に変わった芝居。
それにつけても深津絵里のかわいさが半端じゃない。

・やなぎみわ演劇プロジェクト 1924 Tokyo Berlin
→京都国立近代美術館 で やなぎみわ で 演劇 というワクワクするしかないとり合わせ。
ロビーでイヤホンガイド渡された時は何が起こるのかと思ったけど、ふたを開けてみたら意外や意外、正統派の芝居でした。案内嬢がMVP。スコップのくだりが一番おかしかった。



本もいっぱい読んでるんだけども、いかんせん控えていないので右から左。
下半期は少し勢い落ちるかしら?はてさて。
とりあえず8月はなんとかして髑髏城を観たい(というか森山未來の天魔王が見たい)のと、ZTONですよZTON。



 相変わらずデザインしたおしています。
たぶんあとリーフレットふたつ、企業HPひとつ、スクールHPひとつで契約期間タイムアップって感じ。予想だけど。
うまく来月末でいろいろ終わればもう二つくらいDTPやりたいな。

そろそろ今後のこと考えなくてはね。

今年の目標は観たい芝居をなるべく我慢しないで見ることです。
さっそく千年女優観て盛大に感動しました。
無駄がないってすごい。

2月に流れ姉妹、3月にZTON、4月が桃天紅で5月がLOOSERだなっ、たぶん。
5Dがあるから必然的に舞台みる回数も増えようというもの。


「最悪、観劇が趣味のOLでもぜんぜんオッケー☆」って2008年から言ってたけどなんかホントにそっちルートに行ってるな。
ま、どうせなんで観劇が趣味のOLをやりながら超お金貯めて、遠い将来は「観劇が趣味のイカスおばあちゃん@ブロードウェイ」でも目指そうかなとか考えている2011年です。イエア。

・道を間違えたにもかかわらず卒検に受かりました。が、運転免許試験場が私よりも長いこと年末年始の休みをとりやがるので免許はまだもらえません

・フルタスク。数えてみたら同時進行で9案件抱えてた。うち3つがWEBです。やったね\(^O^)/

・うちひとつで、似顔絵を書けと。先日の納豆屋ですが。
・この私が!5年間自分で絵を書くのを避けて通ってきたこの私が!しかも5人!?(いまここ)

・ジャンヌダルク観に行きたいそんな月末。なんでかっちゅうたら後輩が出てるからです。すごいよあんずっこ!

・お給料が入ったら本を買うんだ。WEBの本を買うんだ。

・でもゲームとDVDも買うんだ。
またぞろ北海道に行っておりました。大好きなんじゃ。悪いか。
今回はきちんと観光しようと思い、小樽にも足をのばし、
しかし雨に降られ、
食べまくってあんのじょう太って帰る という美しい流れでございました。


帰って出社してみましたらば、嬉しいニュース。
先日納品したばかりの某企業のロゴマークが、さっそくHPのトップにどどんと載っておりました。

生まれて初めて、広く世に出る仕事を成したぜよ。
うれしいからURL貼っちゃう。

http://koganeya.biz/index.htm

「納豆庵 こがね屋」のロゴです。うへへ。


毎日毎日イラレとフォトショばっかしさわっているだけあって、私ってばたしかに成長してる気がする!

くそー、半年前にこのやり方知っとったらなあ!

がんばってやってけるようになるようにガンバリマス(謎)
難波のTOHOで、「午前10時の映画館」と称して名作映画を週がわりでリバイバル上映している。

念願の大スクリーンで「2001年宇宙の旅」。
(我が家は一家揃ってキューブリック狂いなのです)

CGなんかまだない時代。
写真加工だけであんな映像って作れるもんか!?


演出も他に類を見ないセンス。
イメージの奔流。


文字通り記憶に残る作品でしたよ。
1  2  3  4  5  6 
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
moment's now
プロフィール
HN:
河内木綿
年齢:
31
性別:
女性
誕生日:
1986/05/18
職業:
社会の歯車予備軍
趣味:
芝居/ゲーム/活字
自己紹介:
おしばいと北海道と活字が好きな大阪在住のわかもの。

・OFFICE CUEの人たちがとりわけ好き。
・ときどきディープな話もします。
・でも最近twitterにはしりがち。
本棚
最新コメント
[12/24 J]
[02/25 ゆち]
!
[01/24 SGMT]
[10/27 せーこ]
[09/28 Goyou]
バーコード
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
                                                         AdminWriteComment